戦艦比叡、比叡山延暦寺を参拝する

f0259302_01212249.jpg
大勢の人でごった返す京都駅に比叡がやって来ました。
今日は比叡の名前の元になった比叡山に登って延暦寺をお参りに行くんですよ~





f0259302_01212160.jpg
電車に乗り込んで比叡山の玄関口坂本を目指す比叡。






f0259302_01212220.jpg
「ハッ!!」
ついお姉さんの名前に釣られて全然別の駅に来てしまったうっかり者の比叡。






f0259302_01212257.jpg
電車を乗り継いで比叡山への最寄り駅の坂本にやってきた比叡。
「あ~遠かった!」
本当はかなり近いんですけどね・・・。





f0259302_01212214.jpg
比叡山の麓、坂本の町にも比叡と関係ありそうなものがチラホラ。
「一隅を照らすか・・」
夜戦で探照灯を不用意に照らしたばっかりに酷い目にあったことがある比叡にとって意味深な標語です。






f0259302_01293375.jpg
お休み処比叡(但しお店もお休み中)





f0259302_01212278.jpg
坂本の町には穴太積みと呼ばれる技法で積まれた
石垣がいたるところに残ってあります。




f0259302_01212217.jpg
「石と石の間がすきまだらけで脆そうにも見えるけど、こっちのほうが排水がよくなって頑丈なんですよね~」
石垣に詳しい比叡



f0259302_01212254.jpg
石垣に近づきすぎて自分も積まれてしまった比叡
「ひえー」





f0259302_01212289.jpg
坂本の町にある茶店でぜんざいを頂いてから比叡山に登ることにしましょう。
「力が湧いてくるようです!」



f0259302_01310337.jpg
「よし気合入れて!登ります」
・・・と言っても徒歩で登るのはめんどくさいので京阪坂本駅から15分ぐらいのところにある
坂本ケーブル駅から比叡山坂本ケーブルを使います。



f0259302_01212212.jpg
「大きなケーブルカーですねえ!」
坂本ケーブルの運賃は往復で1620円ですがスルット関西のフリーパスが使えました。
坂本駅までの京阪石山坂本線にも乗れたのでかなりお得に行くことができましたよ。




f0259302_01293384.jpg
すれ違いだ!!




f0259302_01055660.jpg
山上駅であるケーブル延暦寺駅に到着。
麓に比べて気温がグンと下がりますが展望台から見る琵琶湖の景色は絶景です。




f0259302_01055540.jpg
延暦寺に向かう比叡。
ケーブル延暦寺駅から延暦寺まで徒歩で10分ぐらいとありましたが比叡は高速戦艦なのでもう少し早く着くことができました。





f0259302_01055734.jpg
比叡山延暦寺の入り口に到着しました。
ここから入山料が必要です。通常は700円ですがスルット関西の特典で600円で入れます。






f0259302_01055669.jpg
比叡山には専属の応急班員がいるようですね~
焼き討ち対策かな?





f0259302_01055691.jpg
こちらが比叡山を開いた伝教大師です。
歴史の教科書では最澄という名前で有名ですね。
なお、さきほど紹介した比叡山高校の標語ですが、伝教大師の「一隅を照らす、これすなわち国宝なり」という言葉から来ているそうですよ。





f0259302_01055619.jpg
延暦寺の総本堂である根本中堂、中は撮影禁止なので外側から。





f0259302_01055744.jpg
冥加料五十円で鐘を一回突けます。連打しちゃだめです。





f0259302_01055759.jpg
阿弥陀堂を拝む比叡
「南無阿弥陀仏~」






f0259302_01375295.jpg
今回比叡が参拝した根本中堂など比叡山延暦寺の中心となる伽藍が集中するエリアを東塔地区といいます。
西塔や横川という別の地区にも立派な伽藍があるのですが、シャトルバスが冬季運休中ということで今回はパスしました(ズボラ)






f0259302_01055699.jpg
おや松明を持った妖精さんが比叡山に侵入してきましたよ!!
比叡「焼き討ちはやめてぇ~」
妖精「?」




f0259302_01055639.jpg
松明は焼肉に使う火種のようだったようですね・・・。
焼肉焼いても寺焼くな。
「さっすがですねぇ!」
・・・、(終)

l
ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 面白写真へ
にほんブログ村
[PR]
by nendorohourou | 2016-02-16 01:49 | ねんどろ放浪記

人気デフォルメフィギュアシリーズ「ねんどろいど」をモデルにした写真を撮っています。一日一更新できたらイイナ!


by 東北名無し

最新の記事

ねんどろ放浪記はねんどろチル..
at 2016-12-16 15:28

カテゴリ

ねんどろ放浪記
ねんどろ同乗記

タグ

リンク

その他のジャンル

ブログパーツ