タグ:東方 ( 25 ) タグの人気記事

博麗霊夢VS八雲藍・伏見稲荷の大決戦

f0259302_18571486.jpg
今回は巫女の博麗霊夢さんが京都の伏見稲荷大社に参拝しながら
東方妖々夢Extraステージを再現します。



f0259302_18592788.jpg
伏見稲荷大社は山ひとつが丸ごと神域という広大な神社です。



f0259302_18572516.jpg
鳥居が無数に重なる異次元空間な風景は個人的にイメージする幻想郷そのものです。



f0259302_18574361.jpg
合計一万本以上ある鳥居はすべて信者から奉納されたものだとか



f0259302_18590834.jpg
鳥居奉納の費用はかなりかかるようなので
企業や資産家でもなければなかなか難しそうですが



f0259302_19074448.jpg
こういう小型の鳥居なら
ねんどろいどを一体買えるくらいの値段から奉納することができます。


f0259302_18595757.jpg
小型とはいえそれらが大量に積み重なってる姿は壮観ですね。



f0259302_19071731.jpg
伏見稲荷は確固とした収入源が確保されてるせいか
京都の有名寺社では珍しく拝観料の要らない神社となっております。
その上、拝観時間にも制限はないし駅からも近いとあって
近年では外国人観光客からの人気が急上昇中の神社と言われています。
実際私も二年前に参拝したときに比べて、倍近く観光客が増えてるように感じました。



f0259302_19183526.jpg
そんなわけで本殿周辺は大勢の観光客でにぎやかですが。



f0259302_19150893.jpg
裏手の参道に入ると野良猫さんが日向ぼっこしてたりして割とのどかです。



f0259302_19150707.jpg
おや普通の猫に混じって化け猫の橙もいますね


f0259302_19193536.jpg
妖怪を見つけると取り合えず退治しなければ気がすまない巫女さん。
橙は何も悪いことをしてませんがかまわず攻撃開始です。


f0259302_19150789.jpg
橙を追いかけて稲荷山を進んでいった巫女さん。
どこ行ったー?


f0259302_19245391.jpg
「お前が橙を酷い目に合わせた人間だな!」
橙を使役する式使いにして自身も式神という、ややこしい設定を持つ
大妖怪・八雲藍が現れましたよ。


f0259302_19150765.jpg
そういうわけで戦闘開始(BGM:少女幻葬 ~ Necro-Fantasy)。
さすが橙よりはだいぶ手強い。


f0259302_19150799.jpg
といっても所詮は式神
巫女にはかなわなかったようですね。
藍「しゅーん」

f0259302_19274915.jpg
妖怪退治も無事成功して意気揚々と伏見稲荷を後にする霊夢さん。
八雲藍の式使いもどこかにいるはずですが、そちらの退治は次回の楽しみにしておきましょう。(つづく?)


ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 面白写真へ
にほんブログ村
[PR]
by nendorohourou | 2014-04-27 19:37 | ねんどろ放浪記

チルノの北海道旅行・室蘭、登別、札幌を巡る

f0259302_21075207.jpg
急に登別温泉に行きたくなったチルノ。
青森から急行はまなす号に乗って北海道を目指します。


f0259302_21111951.jpg
くたびれてた感じの車両がいい味出しています。


f0259302_21082692.jpg
札幌行き急行はまなす号は登別駅に停まらないので 東室蘭駅で下車。
せっかくなので少し室蘭を散策してから登別に行くことにしました。


f0259302_21084826.jpg
東室蘭から室蘭行き一番列車に乗り換えるチルノ。
はまなす到着からおよそ一時間半待たされますが、 駅近くにネットカフェがある(北海道では珍しい)のでそちらを利用するのもいいでしょう。


f0259302_21104215.jpg
室蘭駅のひとつ手前の母恋駅にて下車。


f0259302_21095214.jpg
駅弁の母恋めしが有名ですが早朝なので売店はまだ開いていません。


f0259302_21104126.jpg
母恋駅は室蘭の代表的な景勝地である地球岬の最寄り駅です。
まずはここに行ってみましょう。


f0259302_21100256.jpg
まだバスのない時間なので歩いて行きましたが、駅から登りの多い道のりをを歩いていくのは結構きつかったです。
バスかタクシーの利用をお勧めします。


f0259302_21154061.jpg
40分以上かかってようやく地球岬に到着。



f0259302_21153951.jpg
いい景色~。苦労した甲斐ありました。


f0259302_21153931.jpg
地球岬の地名の語源ですが、地球の丸みを感じられる眺望だから地球岬となったというわけではなく
アイヌ語でチケプ(断崖)が変化して地球岬になったんだそうです。



f0259302_21154069.jpg
地球岬と並ぶ室蘭を代表する景観、白鳥大橋も見て行くことにいたしましょう。
地球岬の最寄のバス停から白鳥大橋のたもとまで行けるバスがあったので、こちらの移動は楽でした。
橋の近くに展望公園が整備されているのでそこから眺めることにしましょう。



f0259302_21154035.jpg
ここもいい景色だな~。



f0259302_21154050.jpg
地球岬が大自然の絶景ならこちらは人工物の絶景といったところですかね。



f0259302_21154001.jpg
このあとは旧室蘭駅を見学したり喫茶店に寄ったりして時間をつぶし。



f0259302_21154029.jpg
室蘭駅10時44分発の登別駅行きの普通列車に乗って登別温泉を目指します。



f0259302_21154073.jpg
その前に室蘭駅の売店で気になってた母恋めしをゲットしておきました。
登別までの列車の中で食べていくことにしましょう。



f0259302_21205506.jpg
中身はほっきのおにぎり二個、燻製卵、スモークチーズ、なすの漬物、ハッカ飴といったもの。 出来立てということもあってめっちゃうまかったです。
駅弁は午前中に食べるに限りますな~。



f0259302_19354455.jpg
30分ほどで列車は登別駅に到着。
温泉街まではバスで行くんですが、接続が悪いのでしばらく駅で待つことになります。



f0259302_19354416.jpg
すると、こんなポスターが目に飛び込んできました。
JR利用者限定のテーマパーク引き換え券か…


f0259302_19354477.jpg
せっかくなので一番割引率の高いクマ牧場の券を買うことにしました(あとで調べたらネットのクーポン券より割引率よかったです)。
駅で買うせいか切符みたいな入場引き換え券ですね。


f0259302_19354447.jpg
バスに乗っていざ登別温泉へ



f0259302_19354460.jpg
温泉街に到着したチルノ。
さっそくひとっ風呂浴びたいところですが件のクマ牧場も気になるので
そちらへ先に行ってみる事にします。



f0259302_19354440.jpg
こちらです。



f0259302_19354421.jpg
入り口には剥製。
「やるか!コノー」


f0259302_19354414.jpg
クマ牧場は山の上にあるのでロープウェーで上っていくことになります。
テーマパーク専属のロープウェーとはいえ
立派なゴンドラで長い距離を結ぶなかなか本格的なものです。



f0259302_19404831.jpg
高度が上がって行くにつれて海やクッタラ湖が見えてきます。
クマ牧場は登別の展望スポットしての側面もあったりします。



f0259302_19413956.jpg
念のため武装して警戒しながらクマ牧場に降り立ったチルノですが…



f0259302_19413932.jpg
意外にもクマ牧場で最初に目にした動物はアヒルでした
こちらはクマのご飯というわけではなく名物のアヒルレース要員です。
軽いデジャブを覚えるチルノ(→参照


f0259302_19413938.jpg
んでもってこちらが登別のヒグマ。
ヒグマはでっかいなあ



f0259302_19435786.jpg
園内にはクマのショーで登場するツキノワグマもいるので
それと比べると大きさがわかります。


f0259302_19413924.jpg
クマにおやつをあげる事もできます(一袋100円)。



f0259302_19461891.jpg
クマのリアクションがおもしろいので値引き分はこれに投入してしまいましたよ。



f0259302_19354418.jpg
ヒトの檻?



f0259302_19484181.jpg
なるほどこういうことか…



f0259302_19475089.jpg
ヒトの檻ではヒグマとガラスを隔てて数センチのところまで接近できるので
その恐怖ときたら半端ありません。
餌やり用の管からヒグマの息遣いも聞こえてきて、物に動じないチルノでも泣き出してしまうほどです。


f0259302_19413985.jpg
こんなエキサイトでスリリングなクマ牧場ですが
本格的なヒグマの博物館も併設されており教育的な側面もあったりします。


f0259302_19502921.jpg
中でもヒグマとアイヌの人たちとの関わりが興味深かったですね
イヨマンテの風習とか初めて知りました。


f0259302_19541440.jpg
急遽寄ることになったクマ牧場ですが想像以上におもしろいところでした。
それでは温泉に入りに行くことにしましょう



f0259302_20031025.jpg
クマ牧場を楽しんだ後は登別温泉で一泊していくことにします。



f0259302_20031097.jpg
登別にはなぜかいたるところに鬼の像が鎮座しています。



f0259302_20064291.jpg
そんな鬼の姿に恐怖する山の妖怪たち。
彼女たちは鬼に対して何かトラウマを抱えているようですね…



f0259302_20031038.jpg
今回泊まるのは登別温泉を代表する老舗宿の第一滝本館…





f0259302_20114956.jpg
ではなく道路を挟んで向かい側にあるホテルの滝本イン。



f0259302_20030974.jpg
昔のシティホテルみたいなホテルですが



f0259302_20031053.jpg
ここに宿泊すると第一滝本館の名物大浴場にも入り放題だったり



f0259302_20052428.jpg
朝夕二食ついてかなりリーズナブルな値段で泊まれるのが魅力です。
気楽な一人旅にはオススメの宿だと思います。



f0259302_20031051.jpg
登別温泉といえば地獄谷も忘れてはいけません。



f0259302_20031024.jpg
温泉街からそれほど離れてないので散歩気分で廻れるのかなり気楽な「地獄」ですが、たなびく湯煙と硫黄の香りが温泉気分を盛り上げてくれますよ。



f0259302_20472032.jpg
登別で一泊したあと、宿が札幌までの送迎バスを運行中のことでしたので
送ってもらうことにしました。
有料とはいえ片道500円とお得な料金でした。
どう考えてもJR線と競合しますが
運行委託を受けているのはジェイアールバスでした…



f0259302_20472075.jpg
札幌バスターミナルに到着後
札幌駅からほど近い雪印パーラーに寄ってくことにしました。



f0259302_21002320.jpg
ここの定番といえば天皇陛下にも献上されたアイスクリームのスノーホワイトでしょうが
他にもいろいろあることですし、今回は別のを注文してみることにしました。




f0259302_20471907.jpg
それで今回頼んだのはブルーベリーパフェ。
上に乗ってる生クリームが絶品でした。
いろいろ味わえるパフェもいいね。



f0259302_20471998.jpg
今夜の急行はまなすで帰るんですが
まだ時間はありますね。
どこか行ってみようかな…



f0259302_20471987.jpg
そういえば、数年前に藻岩山展望台がリニューアル工事されてから
まだ行ったことがありませんでした。
そんなわけで札幌の市電に乗って藻岩山のロープウェイ乗り場へと向かいます。
ここからは河城にとりちゃんにも登場してもらいましょう。




f0259302_20484711.jpg
以前は最寄の電停からロープウェイ乗り場まで歩かないと行けなかったのですが
リニューアル後は無料シャトルバスのサービスが始まったようです。



f0259302_20432940.jpg
ロープウェイは15分間隔の運行ですね。
まだ明るいのであまり乗客はいませんが
夜景の見れる時間になるとけっこう混むようです。



f0259302_20432982.jpg
高度が上がるにつれ窓の外に札幌の町の風景が広がっていきます。




f0259302_20432920.jpg
中腹駅でロープウェイを降りるとここからさらに「もーりすカー」という乗り物に乗り換え山頂を目指します。
これはリニューアル後に新たに設置された乗り物ですね。



f0259302_20432917.jpg
地べたを走るので森の中を駆け抜ける感覚を味わえるんだとか。
私はよくわかりませんでしたが。



f0259302_20432965.jpg
山頂展望台からの風景。
碁盤の目状に整然と区画された札幌の街が一望できます。




f0259302_20432985.jpg
どうせなら夜景も見たいんで
展望台にあるプラネタリウムを鑑賞して夜を待つことにします。
天井が低いので迫力に欠けますが時間つぶしにはちょうどいいかな。



f0259302_20432930.jpg
プラネタリウムの上映が終わる頃にはいい感じに暗くなってきましたが…。




f0259302_20522259.jpg
寒くなってきたのでリタイヤして下山することにします。
冬場に展望台に行くときは相当着込まないといけないという教訓を得た藻岩山訪問でした。



f0259302_17131837.jpg
帰路も急行はまなす号を使います。時間を有効活用できる便利な列車ですが北海道新幹線が出来たらどうなるのか気になるところです。
急に思い立って行きあたりばったりだったわりには楽しい北海道旅行でした。




ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 面白写真へ
にほんブログ村
[PR]
by nendorohourou | 2014-03-18 21:34 | ねんどろ放浪記

チルノ、スーパービュー踊り子号のグリーン車に乗る

f0259302_16133202.jpg
伊豆旅行からの帰り道、伊豆急下田駅から特急スーパービュー踊り子号に乗って一路東京へ向かいます。




f0259302_21041397.jpg
初めて乗る電車ですし、ちょっと奮発してグリーン車に乗ってみようと思います。




f0259302_16133211.jpg
二両あるグリーン車は両方とも二階建て車両。





f0259302_21041338.jpg
通常の電車より一段高いところから伊豆の景色を楽しめます。




f0259302_21041326.jpg
3列シートなので広々とした座席。
ゆっくりできそう。




f0259302_21041307.jpg
グリーン車の乗客にはおしぼりとドリンクのサービスがあるのもうれしいところ。




f0259302_21073396.jpg
グリーン車の座席でこのまま東京までゆっくりとしていきたいとこですが
初めて乗る電車ですし閑散期で乗客も少ないということで車内探検してきました。
グリーン車一階は個室になっています。
視界は悪いですがグループ旅行で気兼ねなく過ごしたいときとかいいかも




f0259302_21071983.jpg
普通車も覗いてきました。
こちらは一階建ですがその分窓が広くとられててとても明るい室内です。




f0259302_21072565.jpg
普通車先頭の展望席。
東京行きだと普通車の展望席が先頭で、グリーン車の展望席が最後尾になってしまいます。




f0259302_21041411.jpg
普通席展望室の一階部分はキッズスペース。
チルノも遊びたい?



f0259302_21113297.jpg
グリーン車の一階は個室のほか
売店の付いたグリーン車乗客専用のサロンになっています。




f0259302_21115761.jpg
売店では食事も頼むことができます。
大昔の食堂車みたいダナー。



f0259302_21174521.jpg
カレーを頼んでみました。
昔は陶器の皿で提供されてたようですがチルノが乗った2014年1月の段階ではビニール容器でした(残念)。


f0259302_16194516.jpg
横浜駅到着。完全にホームの床と同じ高さだ。





f0259302_16201489.jpg
車内を楽しんでるとあっという間に東京駅に到着です。



f0259302_21243916.jpg
こういう楽しい列車に乗ってると時間はすぐ過ぎてしまうので
できるだけ遠くから乗ったほうがよいですね。



f0259302_21245521.jpg
東京近郊を走る列車の中では小田急のロマンスカーが大好きなんですが
今回乗ったスーパービュー踊り子号もそれに劣らない素晴らしい列車でした。
また伊豆に行くときにはスーパービュー踊り子号に乗っていこうと心に誓うチルノでした。(おしまい) 




ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
[PR]
by nendorohourou | 2014-02-08 21:38 | ねんどろ同乗記

チルノ、伊豆旅行に行く

f0259302_20003987.jpg
雪深い東北の地に住むチルノ
氷の妖精とはいえこの雪の量には耐えきれません。




f0259302_20025482.jpg
新幹線に乗って雪国からの脱出を試みることにしたチルノ



f0259302_20004064.jpg
車窓に広がる雪一色の景色も新幹線で南下すれば…




f0259302_20004055.jpg
あっという間に雪の全く無い暖かな景色に変わります。



f0259302_20003904.jpg
東京からはさらに暖かいところを目指して
伊豆に行く特急「踊り子号」に乗り込みます。



f0259302_20003953.jpg
特急とはいえ新幹線と比べると遅いな



f0259302_20042590.jpg
小田原を過ぎると海が見えてきます。




f0259302_14552104.jpg
そして伊豆を代表する温泉地、伊東駅で下車するチルノ。




f0259302_21384380.jpg
伊東温泉といえば名曲「湯の町エレジー」でおなじみですね。



f0259302_21412432.jpg
昼時なので、まずはどこかで食事を取ろうと商店街をぶらつくチルノ。



f0259302_21420951.jpg
食事処が併設された肉屋さんがありますね
経験上こういうお店はおいしいとこが多かったので
ここに入ってみます。


f0259302_21440752.jpg
店内にはテーブルが二つしかありません
伊豆が観光客で賑わう時期にはなかなか入れなそうですね。


f0259302_21450341.jpg
注文したのはてり焼きステーキ(1500円)
和牛としてはリーズナブルな値段ですがたいへんおいしく
得した気分になりました。


f0259302_21485791.jpg
ご飯の後は温泉地に来たのですから
どこかで入浴していきましょう。



f0259302_21501632.jpg
川沿いに立つ伊東温泉の象徴ともいうべき東海館。
こちらは週末には外来入浴を受け入れてくれるそうです。
温泉好きとしては寄って行くっきゃありません。


f0259302_21534329.jpg
と思ったのですがこんな貼り紙が・・・・
なんでも温泉の配管が急に壊れてしまったとのこと。


f0259302_21555703.jpg
残念ですが東海館は入浴しなくとも内部見学ができます。
貴重な温泉遺産ですし見ていくことにしましょうか。



f0259302_21575923.jpg
客室もほとんど全部が見られるようになっております。
画一的な造りではなく部屋ごとに違いがあるのが面白かったですね。


f0259302_21591925.jpg
最上層は望楼になっており周囲を見渡すことができます。
現在では周りの建物が高いのでそれほどじゃありませんが
創建当初にはかなり眺めがよかったそうですよ。



f0259302_22004259.jpg
館内には喫茶室もあり、昔の温泉宿の雰囲気を味わいながらゆっくりできます。
これで温泉には入れたら最高だったんですがね・・・(未練)。
また伊東温泉に来たときの楽しみにしておきますか。



f0259302_22041944.jpg
今夜は伊東温泉に宿を取っています。温泉はそちらで楽しむことにしましょう。




f0259302_20092917.jpg
温泉街にある某温泉ホテルグループがやってる宿に泊まっていくことにしたチルノ。
この系列のホテルは日本各地にありますが、なんでもここ伊東温泉がその発祥の地なんだとか




f0259302_20072919.jpg
この宿の良いところは、宿泊者はすぐ近くにある同系列の他のホテルの温泉にも
自由に入浴することができるとこですね。
東海館で入浴出来なかった悔しさもあって滞在中全部入らせていただきました。
檜風呂やかけ流し温泉のある松川館の風呂が良かったです。



f0259302_20092942.jpg
その他は値段が安いのでそれなりでした
部屋は極めて普通。




f0259302_20092949.jpg
窓を開けると駐車場…




f0259302_20092982.jpg
食事はバイキングです。
不味いわけではないですが土地のものが余りないのが温泉宿としては寂しいかも。




f0259302_20092957.jpg
その一方でアルコール類やカラオケが無料だったりするので
酒飲みやグループ客からの評判はなかなかのようです。
客のニーズによって評価の変わるホテルのようですね。




f0259302_20412121.jpg
翌日は伊東駅から伊豆急行に乗って伊豆半島を南下するチルノ。




f0259302_20421118.jpg
海沿いの景色の良いところを走る電車のせいか
海を見やすい構造の座席配置になっています。




f0259302_20515413.jpg
伊豆高原駅で途中下車し
バスで城ヶ崎海岸に行きました。




f0259302_20424221.jpg
ダイナミックな断崖がつづく城ヶ崎海岸は
サスペンスドラマのクライマックスシーンのロケ地としてよく使われる場所ですね。




f0259302_20430473.jpg
おや、博麗神社の巫女さんが綺麗な伊豆の海の景色を楽しんでいますよ。




f0259302_20515313.jpg
呑気そうな巫女さんの後ろ姿を見てたら
妖精特有のイタズラ好きの性質が蘇ってしまったチルノ。
背後からそっと近づいて…



f0259302_20515366.jpg
ああ、なんてことを!




f0259302_20563719.jpg
事態がヤバくなりそうなので城ヶ崎海岸を後にして
伊東市のシンボル的存在の山である大室山に移動したチルノ。



f0259302_20565524.jpg
さっそく登山と行きたいとこですが
この山はどういうわけか徒歩での登山が禁止されています。




f0259302_21054807.jpg
まことに残念ですがリフトで登りましょう(往復500円)。



f0259302_21064129.jpg
大室山の山頂は火口に沿って一周することが出来ます。
リフト乗り場の反対側が最高点となってるようですね。



f0259302_21081279.jpg
山頂からは富士山とか伊豆大島などいろんなものが見えますが
それよりも印象に残ったのが伊豆高原に広がる広大な別荘地帯です。
伊豆っていったい何軒くらいの別荘があるんでしょう。



f0259302_20573034.jpg
写真では伝わりにくいですがこのとき山頂は物凄い風が吹いていました。
人間ですら飛ばされそうになります。



f0259302_20573096.jpg
やはり天狗の仕業か!!




f0259302_20573070.jpg
強風の中なんとか頂上に到達したチルノ。
持参した日の丸が翻ります。難関を極めた大室山登山でした(ほとんど登っていないけれども)。



f0259302_20581523.jpg
伊豆高原駅から再び伊豆急行に乗り込んだチルノ。
伊豆旅行2泊目は伊豆急行の終点、下田温泉です。



f0259302_15531795.jpg
伊東では全国チェーンの宿に泊まったので、下田では地元ローカルな温泉ホテルに泊まることにしました。


f0259302_15532362.jpg
駅から遠い高台にありますがおかげで眺めは最高です。
温泉も源泉かけ流しのいいお湯でした。




f0259302_15492890.jpg
そして何より、この宿は食事が絶品でしたよ。
刺身も焼き魚もウマイネ~



f0259302_15492929.jpg
金目鯛もウマイネ~
この宿の夕食ではこうした地元伊豆のお魚だけではなく、シチューやすき焼きなども出てきます。
お腹いっぱいだ~




f0259302_21041207.jpg
そして三日目は水仙祭りをやってる瓜木崎に行ってみました。





f0259302_21041359.jpg
一月なのに(成人の日のある三連休に訪問)水仙とアロエの花が満開です。東北は雪だらけなのにうらやましいなあ~。






f0259302_21041349.jpg
赤いお花はアロエの花です。
水仙の白とのコントラストが綺麗でした。






f0259302_15531694.jpg
海もきれいだな~。
首都圏からそんな離れてないのにすごい透明度。




f0259302_15542767.jpg
暖かい伊豆の生活に憧れるチルノですが、そろそろ帰らないとね。
その代わり帰路ではちょっと贅沢な電車の予定を入れています。
そちらは同乗記にまとめてありますのでそちらをドウゾ。


ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村

[PR]
by nendorohourou | 2014-01-21 22:05 | ねんどろ放浪記

チルノ、富士急行線で河口湖に行く

f0259302_20564763.jpg
朝早くの中央本線の電車に揺られて
どこかに出かけるチルノ。




f0259302_20564693.jpg
やってきたのは大月駅。



f0259302_20564615.jpg
今回はこの駅から出ている富士急行に乗って
河口湖に行ってみようと思います。



f0259302_20592400.jpg
富士急行の車内。
クロスシートのせいか
さきほどのJRの電車と比べるとゆったりしています。



f0259302_20564610.jpg
途中にはけいおん!のキーボート担当の子みたいな名前の駅があったりします。



f0259302_20564761.jpg
ムギちゃん駅を過ぎたあたりから窓に映る富士山の姿が大きくなっていきます。
車内放送で富士急行は富士山の一番近くを走る鉄道路線なんだとアナウンスされてました。



f0259302_20564721.jpg
そのまんまな駅名の富士山駅で列車の進行方向が変わります。



f0259302_20564792.jpg
富士山駅を出た後は
富士急ハイランドを横目に見て終点の河口湖駅に到着。



f0259302_21021018.jpg
この駅からも富士山がよく見えます。


f0259302_18462046.jpg
河口湖の周りを観光してみましょう。
レミリア「こんなにも富士が赤いから、本気で観光するわよ。」



f0259302_18462055.jpg
山梨といえばほうとうが名物ですが
ここ河口湖にはほうとうの名店があります。
寄って行くことにしましょう。


f0259302_18462014.jpg
こちらのお店ではほうとうが豪快になべごと提供されます。
味噌スープにうどんみたいな麺と野菜がたくさん入って栄養バランスも良さそうです。
私は味噌仕立ての麺類(味噌ラーメンとか)は苦手なのですが
クセの無い味でおいしくいただけました。



f0259302_18511692.jpg
お腹がいっぱいになったあとは河口湖畔へ。



f0259302_18462192.jpg
ロープウェイに乗って湖畔にそびえる天上山に昇ってみます。



f0259302_18462161.jpg
山頂から眺める富士山は絶景です。
でもこの山の売りは富士山だけじゃありません。



f0259302_18530138.jpg
この天上山は太宰治版の「カチカチ山」の舞台となった場所なんだそうで…


f0259302_18462122.jpg
f0259302_18535732.jpg
いたるところにかわいらしい(?)ウサギとタヌキの像が置かれています。


f0259302_18462121.jpg
f0259302_18555628.jpg
中には物騒なのも・・・
トムとジェリーを思い出しました。



f0259302_18583120.jpg
天上山には茶店もあります。
ここでは名物のたぬき団子を頂きました。
富士山を眺めながらの一服は格別ですね。


f0259302_19005956.jpg
帰りも富士急行で・・・
新宿まで直通する電車もあるので便利です。
今度は河口湖以外の富士五湖のほうにも足を伸ばしてみたいと思うチルノでした。



ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 面白写真へ
にほんブログ村



[PR]
by nendorohourou | 2014-01-07 19:05 | ねんどろ同乗記

チルノ、別府日帰り旅行でグローバルタワーやラクテンチを廻る

f0259302_20072296.jpg
大阪発のフェリーさんふらわで別府上陸を果たしたチルノ
フェリーの別府観光港入港時刻は7時なので観光するにはまだちょっと早いですね。




f0259302_20082182.jpg
フェリーさんふらわあでは現在(注2013年12月)「半券deお得!」という割引キャンペーンをやっています。
そこで今回はこれを利用して、提携してる別府の温泉ホテルの朝風呂と朝食をいただけるプランを利用してみることにします。




f0259302_20100970.jpg
お風呂はホテルの最上階にある眺めの良い展望風呂を利用でき、朝食はホテルの朝食バイキングを頂くことになります。
入浴と朝食合わせて1000円でしたが、時間も有効に使えるなかなか使えるプランなのではないでしょう。




f0259302_20145193.jpg
それでは別府駅から路線バスに乗って市内の観光地に向かうことにします。
おや、このバスは!





f0259302_20152079.jpg
やはり・・・、これが噂の別府を走るミクバスですか。
車体にはミクさんとその仲間たちが描かれています。



f0259302_20154963.jpg
チルノが行こうとしてた場所行きのバスじゃありませんでしたが
せっかくミクバスに会えたので乗ってみることにします。
といっても札幌のミク電車のように車内までミクでラッピングされてるわけじゃありません。
内部はいたって普通の路線バスでした。





f0259302_20161397.jpg
窓に浮かぶキャラクターのシルエットがちょっとおもしろかったですが・・・。




f0259302_20171266.jpg
バス停をいくつか行ったところで下車します。
別府の路線バスにはミクバスがもう一台走っていますがそちらはまた後で・・・




f0259302_20173278.jpg
バスを降りたチルノ。
目の前にタワーを見つけたので昇ってみることにしました。
チルノは⑨なので高いところが大好きなのです。




f0259302_20182697.jpg
なかなか変わったデザインのタワーですがグローバルタワーといい別府の新しいシンボルタワーとして現在売り出し中です。 (古いほうのシンボルタワーは別府タワー)




f0259302_20190017.jpg
グローバルタワーの展望台。
天気にも恵まれいい景色です。





f0259302_20194885.jpg
こちらの展望台、硝子の箱の中にいるみたいな形状が独特です。
なんだか空中に浮かんでるような錯角を覚えました。





f0259302_20313014.jpg
あんまり景色がいいのでゆっくり滞在してしまいましたが、その間自分以外の見学客は誰も来ず貸切状態でした。
そのおかげかチルノ以外のねんどろの写真も撮れましたよ。





f0259302_20230725.jpg
つづいてこのタワーからも見える別府の老舗遊園地に行ってみようと思います。




f0259302_18474075.jpg
別府の遊園地ラクテンチの正門前にやってきたチルノ。
ここでしばらく遊んでいくことにしましょう。



f0259302_18485124.jpg
ラクテンチは山上にあるので
正面ゲートから犬みたいなケーブルカーに乗って登ります。




f0259302_18485686.jpg
中間でもう一台ある車両とすれ違い。
あっちは猫ですね。なんだか生駒山のケーブルカーを思い出します。
そういえばあちらにも山上に遊園地がありました。



f0259302_18490737.jpg
ケーブルカーを降りたチルノ。
遊園地の真ん中を渡れるようにつり橋が架かってますよ。




f0259302_18494315.jpg
この吊り橋、グローバルタワーとはまた別のスリルと絶景だ。
橋の途中で止まるなと注意書きがあるので歩きながら絶景を堪能します。





f0259302_18522268.jpg
この吊り橋はけっこう揺れるので
怖気付いて渡るのを断念する人も(近道用の吊り橋なので渡らなくても散策できます)。
吊り橋ファンにもオススメの橋でした。



f0259302_18574081.jpg
ラクテンチは遊園地なのに動物がけっこう多く飼われています。
動物との距離が近いのがいいですね。



f0259302_18574927.jpg
園内にいるアヒルさん。
アヒルの競争がこのラクテンチの名物だったりします。
お腹を空かせたチルノが捕食しようとしてるのでここらで昼食にすることにします。



f0259302_19013539.jpg
ラクテンチ内には何軒か飲食できる施設がありますが
今回利用するのはその一軒「森のカレー屋さん」




f0259302_19042475.jpg
このお店では園内に湧く温泉を使った地獄蒸し料理が楽しめます。
しかし遊園地で地獄蒸し料理とは、さすが温泉の町別府といったところでしょうか。
店名にはカレー屋さんとありますが、このような本格的な地獄蒸しの釜を見せられて
地獄蒸し料理を注文しないわけにはいけません。
そんなわけで地獄地鶏セット(¥1000)を注文。



f0259302_19052487.jpg
地獄蒸し料理は出来上がるまである程度時間がかかるので
眺めのいい外のテーブル席で
料理の予想をしながら待ちます。



f0259302_19055271.jpg
実際来たのはコチラ。
手ごろな値段のわりに種類豊富なのがいいです。
お味も鉄輪温泉などで食べる地獄蒸し料理とくらべても遜色ありません。
現在別府で地獄蒸し料理といえば、釜だけ借りて食材持参で自分で作るのが人気なようですが私はこうしてお店で作ってもらって食べるのがいいですね。
楽だし(ズボラ)




f0259302_19062483.jpg
食事の後は温泉です。温泉の町別府では遊園地といえど温泉は欠かせないのだ!



f0259302_19065516.jpg
こちらの温泉。遊園地の入園者なら誰でも無料で入れます。
でもロッカーにはお金が要ります。



f0259302_19075243.jpg
無料とはいえ他の温泉地ならそれなりの入湯料とってもおかしくない充実した内容の温泉になっております。
まず一階には露天風呂。




f0259302_19083081.jpg
二階には内風呂となっております。
この内風呂からの展望は抜群で風呂からの眺めとしては別府でもトップクラスに入るものではないでしょうか
このような素晴らしい温泉なのですが写真を撮れていることからもわかるように入浴してる人はだれもいませんでした。
別府の市内には百円で入れる共同湯がいっぱいあるので
遊園地に来てまで温泉入る必要はないということなのでしょうか。
温泉だけは充実してる東北地方在住者から見てもうらやましい限りです。



f0259302_19094818.jpg
ラクテンチを楽しんだ後、鉄輪温泉に向かうことにします。
やって来たバスは…



f0259302_19103118.jpg
別府市内を走るもう一台のミクバスです。
さきほど乗ったミクバスと比べるとサイバーな感じのするイラストですね。




f0259302_19105883.jpg
といっても中身が普通の路線バスなのは一緒。
そういうギャップも楽しむべきものなのかもしれませんね。





f0259302_19122855.jpg
鉄輪温泉にある日帰り入浴施設、ひょうたん温泉にて
帰りのフェリーの出航時間まで温泉を楽しむことにします。
今回は日帰り旅行でしたが目いっぱい別府を楽しめました。
別府にはまだまだ行ってない温泉がいっぱいあるので
また訪問したいですね~。



ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村

[PR]
by nendorohourou | 2013-12-15 20:34 | ねんどろ放浪記

フェリーさんふらわあ乗船記と村紗っぽい何かの襲撃

f0259302_21002677.jpg
最近行ったばかりの別府ですが、ちょっとした事情により再訪する事になりました。
前回は博多から特急列車で行きましたが、今回は大阪からフェリーさんふらわあで行ってみます。



f0259302_21022264.jpg
大阪南港コスモフェリーターミナルで出航を待つフェリーさんふらわあ・こばると。
船体に太陽が描かれたフェリーに乗るのは実はこれが初めてだったりします。



f0259302_21040113.jpg
別府に到着したその日のうちに帰る行程で往復を予約すると、弾丸フェリーという超お買い得チケットを入手することが出来ます。
今回はこの弾丸フェリーにあるツーリストベッドを使うプランを利用し、別府滞在一日、船で二泊という小旅行を予定しています。



f0259302_21034621.jpg
それでは簡単に船内紹介。



f0259302_21053110.jpg
こばるとのラウンジ。
あまり広いとはいえませんが12時間の乗船時間なのでこれで十分ですね。



f0259302_21054828.jpg
f0259302_21055826.jpg
このフェリーには前面展望ができるスペースがあります。
夜の航海で前方に光が漏れるのはご法度なので周囲は厚いカーテンで覆われており
存在に気づかないお客さんも多いようです。





f0259302_21103533.jpg
記念撮影コーナー(?)には妙に色っぽいドロンジョさまが鎮座されております。
別府市では現在タツノコプロとのタイアップ事業が進められており、これもその一貫かと思われます。




f0259302_21125658.jpg
お風呂の暖簾もタツノコプロでした。
このフェリーの風呂は熱い湯とぬるい湯の二つの湯舟がある銭湯みたいなお風呂でけっこう広かったです。
他のフェリーだと、湯舟がすごい狭いとかシャワーだけとかいうのも多いのでその点良かったです。




f0259302_21132573.jpg
くまモンルーム。
この日は空室だったため内部が公開されていました。この船熊本県は通らないのですが…。くまモン人気ですね。




f0259302_21134997.jpg
レストラン。
夜は出航前から21時までの営業で大人1500円のバイキング方式でした。早朝の到着ですが朝もちゃんと営業しています。




f0259302_21141947.jpg
平日と週末だと若干ダイヤが変わりますが
平日は夕方7時ごろに大阪港を出航し朝の7時ごろ別府港に入港します。
日が短いこの時期だとデッキに出てもあまり景色は楽しめないような気もしますが
大阪から神戸の夜景、ライトアップされた明石海峡大橋は一見の価値ありです(着込まないと寒いですが)。




f0259302_21150290.jpg
そんな暗い夜の海から恐ろしい船幽霊・村紗っぽい何かがの出現してきましたよ。




f0259302_21152187.jpg
船室に進入してきた村紗っぽい何か。
船を沈められてはたまらないので武器を手にしたチルノが迎撃します。





f0259302_21153956.jpg
船上を舞台に船幽霊VS氷の妖精の弾幕バトルの開始か!?と思われましたが
レストランの営業が終わってしまいそうなので一時休戦。




f0259302_21160257.jpg
お腹がいっぱいになったら戦闘意欲が萎えたみたいで
そのまま無事に別府観光港に到着することができました。






f0259302_21215938.jpg
村紗っぽい何かと別れて別府に上陸するチルノ。
次回は別府市を走るミクバスに乗ったりしようと思います。(つづく)




ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
[PR]
by nendorohourou | 2013-12-12 21:27 | ねんどろ同乗記

ねんどろ山岳登山~天保山編~

f0259302_19553552.jpg
ねんどろ山岳登山の第一人者と呼ぶべきSA-R-AKS-1さんによる
ミクさんとキャンプしたり山登ったりという有名ブログがあります。
ねんどろミクさん連れての本格登山や歩き遍路は素晴らしいものがありますよ。
今回はそちらを勝手にオマージュさせてもらって、チルノに山岳登山を挑戦してもらおうと思います。
制覇目標とするのは大阪湾にそびえる名峰・天保山です。



f0259302_19564527.jpg
天保山麓へのアクセスには地下鉄、バスのほか天保山の対岸桜島から渡船を使うという手があります。
今回は時間はかかりますが一番おもしろそうな渡船のルートを使います。



f0259302_19574799.jpg
JR桜島駅から10分ほど歩くと天保山渡船場(桜島側)に到着。
渡船は30分おきに出てるのでしばらくここで待ちましょう。




f0259302_19592982.jpg
しばらくすると天保山側から船がやってきました。
後方に大きな橋が架かっていますが自動車専用なので歩行者や自転車には渡船が必要不可欠です。




f0259302_20014110.jpg
天保山側から乗ってきた人たちが降りた後でチルノも乗せてもらいます。
こちらの渡船は誰でも無料で乗ることが出来ます。




f0259302_20014160.jpg
エンジン音をひびかせて船は出港。
潮風が気持ちいいですね。




f0259302_20014135.jpg
そんな航海もつかの間、わずか3分ほどで対岸に到着。
景色もいいのでもっと乗っていたいくらいでした。



f0259302_20014106.jpg
渡船を降りたらさっそく登山の開始。
冬場の登山ということで万全の態勢で望むチルノ。



f0259302_20014119.jpg
山頂目指して黙々と進むチルノ。
放置された遭難者の遺骸が行程の厳しさを無言のうちに物語っています。




f0259302_20014126.jpg
天保山の頂上にたどり着いたチルノ。
歓喜の万歳三唱です。
日本一なんとかと書いてますが山は山です(開き直り)。



f0259302_20014229.jpg
オマケ
天保山からの帰り道、地下鉄の駅に向かう途中で変わったラーメン屋さんを見つけました。 茶碗蒸しラーメン!?



f0259302_20063470.jpg
気になるので注文して見ました。
どんぶりの中はどう見ても茶碗蒸しですが…




f0259302_20063382.jpg
茶碗蒸しの下からラーメンが!
なんともハイブリッドな料理ですが案外調和してていけました。
卵と麺だから親和性はもともと高いんでしょうね。
命がけの登山の後に美味しい料理が食べれてご満悦のチルノでした(終わり)



ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 面白写真へ
にほんブログ村
[PR]
by nendorohourou | 2013-12-09 20:10 | ねんどろ放浪記

チルノ鉄輪温泉と明礬温泉に行く

f0259302_20184345.jpg
別府八湯の鉄輪温泉と明礬温泉を廻る旅です。




f0259302_20121848.jpg
鉄輪温泉へは駅レンタカーで借りた電動アシスト自転車で行きます。
坂の多い別府ではこの手の自転車でなければ移動はかなりきついかと思われます。
JRで切符を買うとき一緒に予約すると2割引の料金で借りれてお得ですよ。




f0259302_20121762.jpg
鉄輪温泉の景観は国の重要文化的景観に選ばれております。




f0259302_20180547.jpg
温泉街のいたるとこから湯煙が上がっています。




f0259302_20121812.jpg
鉄輪温泉を開いた一遍上人の像。



f0259302_20143400.jpg
身体の悪い部分に温泉の湯をかけるとご利益があるそうです。



f0259302_20121814.jpg
チルノは⑨なので頭にかけます・・・



f0259302_20253325.jpg
別府といえば地獄めぐりが有名ですが
その中でも有名な地獄、鉄輪温泉にある海地獄に行ってみました。



f0259302_20121845.jpg
コバルトブルーの温泉かあ
こういう色の温泉につかってみたいものですね。



f0259302_20152710.jpg
おや足湯がありますね。
海地獄の温泉が体験できるのかな?



f0259302_20155173.jpg
と思ったらここの足湯は赤茶色の湯でした。
どうせなら海地獄の温泉を使った足湯にすればいいのになあ。



f0259302_20164835.jpg
気を取り直して
鉄輪温泉名物の地獄蒸し料理を堪能してから鉄輪温泉を後にします。  



f0259302_20172876.jpg
鉄輪温泉からは山の手に位置する明礬温泉にやってきました。
ここは電動アシスト自転車でも到達が難しいので路線バスで来ています。




f0259302_20160585.jpg
明礬温泉に立ち並ぶわら葺き屋根の湯の花小屋。 この中では明礬温泉名物湯の花が作られています。




f0259302_20145362.jpg
チルノも一袋お土産に買っていくことにします。 これを家の風呂に混ぜると家にいながら温泉気分が味わうことができます。




f0259302_20150227.jpg
鉄輪温泉では地獄蒸し料理が楽しめましたが 明礬温泉では地獄蒸しプリンなんてものもあります。 カラメルがいい味出してました。




f0259302_20160582.jpg
今晩はこの明礬温泉で宿をとることにします。




f0259302_20302153.jpg
部屋の窓からは別府の町が遠くに見渡せます。
晴れてれば海も見えるそうですが、この日はもやがかかっていたので途中までしか見えません(涙)



f0259302_20160542.jpg
この温泉宿は宿泊者なら24時間いつでも自由に使える貸切風呂が5つもあるんですよ。





f0259302_20204416.jpg
温泉宿の貸切風呂というと、たいていの時間が限定されてたり別料金がかかったりするもんですがここでは空いてさえいれば、いつでも自由な時間に入浴できます。
さすが別府の温泉宿といったところでしょうか。白濁の濁り湯にねんどろたちも暖まります。





f0259302_20160579.jpg
料理もおいしくまた泊まってみたくなるお宿でした。
別府というところは温泉好きにはたまらない土地ですね。
近いうちにまた訪問してみたいと思います。 




ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
[PR]
by nendorohourou | 2013-11-19 20:19 | ねんどろ放浪記

チルノ、下呂温泉で温泉入ったり観光したりする

f0259302_2026618.jpg
チルノのワイドビューひだ乗車記のつづきです。)
下呂温泉にやって来たチルノ
もう夕方なので観光は明日に廻して今晩泊まる宿に直行することにします。



f0259302_20264998.jpg
こぢんまりとした宿でしたが川沿いの眺めの良い部屋です。



f0259302_202788.jpg
お風呂も決して広くはありませんが
この日は平日だったせいかチルノ以外に宿泊している人がいなかったのでゆったり浸かれました。
貸切状態なのをいいことにねんどろロケも敢行(チルノは氷の妖精なので温泉入れません)。



↓料理も量より質といった感じで美味しかったです。
f0259302_2028387.jpg
f0259302_2028860.jpg
f0259302_20281513.jpg
↑今回泊まった宿は食事も温泉も充分満足いくものでしたが、二食付きで8500円とお安い値段設定なのもうれしいところ。
この宿に限らず、全般的に下呂温泉はリーズナブルな価格で泊まれる宿が多いようですね。



f0259302_20292430.jpg
下呂温泉に来たなら絶対入っておきたい温泉が一箇所あるのでそちらにも行ってみましょう。
おや、河原に露天風呂があるぞ!



f0259302_20302270.jpg
ここが下呂温泉で無料で入れる混浴露天風呂として有名な噴泉池です。
しかし注意書きによると、ここは水着を着用していないと入れないとのこと。



f0259302_20305773.jpg
入浴は諦めようかと思ったのですがスト魔女の宮藤さんに水着の準備があるとのこと(by扶桑皇国海軍水練装備仕様)
では彼女に代表して入浴してもらいましょう。


f0259302_20311398.jpg
宿の人から聞いたところこの噴泉池、最近まで普通に裸で入浴することができたそうです。
しかし橋の上から丸見えということで、通行人からの苦情も多く、入浴の際には水着の着用が必須となったのだそうです。
そのせいかどうか知りませんが私が行ったときには入浴する人はおらず、観光客が記念写真を撮るスポットになってしまっていました。
おかげで↑のような写真も撮れましたが泉質のいい温泉だけにちょっともったいないような気もしましたね。




f0259302_2032161.jpg
温泉はこんな感じですが、下呂は中部地方最大クラスの温泉地だけあって観光するところも多いんですよ~。






f0259302_1792676.jpg
下呂温泉はなぜか変わった銅像があるところです。
一度も来たことないのになぜか建てられたチャップリンの銅像もいい味出してますが…




f0259302_1710419.jpg
ねんどろとコラボするなら猿と戯れる林羅山の銅像がオススメ
江戸時代に下呂温泉の名前を広めた功労者ですが、なぜ猿と戯れているのかは謎です。



f0259302_1710281.jpg
温泉街の山の手にある下呂温泉合掌村に来ました。
園内には白川郷などから移築した合掌造りの古民家が十軒ほど建てられています。
合掌造りは見たいけど白川郷は遠すぎるという方にオススメのスポット。



f0259302_17104869.jpg
合掌造りの民家は中にも入れます。



f0259302_17111457.jpg
二階では養蚕の様子が再現されていました
なぜここまでというくらいリアルに造られた人形が雰囲気を盛り上げます。



f0259302_17114719.jpg
園内には食事も出来るところも何か所かあります。
チルノの大好物のかき氷を頂きましょう。古民家で食べる味は格別です。



f0259302_1712378.jpg
合掌村の休憩所にはなぜか大量のカエルの置き物がいたるところに無造作に飾られていますカエル好きなチルノは大喜びですが
合掌造りとどんな関係が・・・?



f0259302_17122288.jpg
続いてやってきたのは下呂発温泉博物館
あまり聞いたことがない温泉の博物館です。



f0259302_1713829.jpg
f0259302_17191818.jpg
さすが博物館というだけあって温泉に関する資料がいっぱいです。
各地の温泉水のストックや全国の温泉案内などがあり
温泉好きの自分にはたまらない施設でした。



f0259302_17133191.jpg
下呂発温泉博物館には足湯もあります。
さすが温泉博物館の足湯だけあって
温度差付けてたり歩行浴出来たりちょっと凝ったつくりをしています。



f0259302_17202541.jpg
最後に下呂温泉で流行ってるスイーツ(?)の温玉ソフトを食べて行きます。
温泉卵とソフトクリームを混ぜていただく変わったデザートです。
これがなかなかいい組み合わせで吃驚です。
下呂温泉は観光地としても驚きや発見の多いおもしろい町でした



ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 面白写真へ
にほんブログ村
[PR]
by nendorohourou | 2013-10-20 17:23 | ねんどろ放浪記

人気デフォルメフィギュアシリーズ「ねんどろいど」をモデルにした写真を撮っています。一日一更新できたらイイナ!


by 東北名無し

最新の記事

ねんどろ放浪記はねんどろチル..
at 2016-12-16 15:28

カテゴリ

ねんどろ放浪記
ねんどろ同乗記

タグ

リンク

ブログパーツ