タグ:艦これ ( 6 ) タグの人気記事

戦艦比叡、比叡山延暦寺を参拝する

f0259302_01212249.jpg
大勢の人でごった返す京都駅に比叡がやって来ました。
今日は比叡の名前の元になった比叡山に登って延暦寺をお参りに行くんですよ~





f0259302_01212160.jpg
電車に乗り込んで比叡山の玄関口坂本を目指す比叡。






f0259302_01212220.jpg
「ハッ!!」
ついお姉さんの名前に釣られて全然別の駅に来てしまったうっかり者の比叡。






f0259302_01212257.jpg
電車を乗り継いで比叡山への最寄り駅の坂本にやってきた比叡。
「あ~遠かった!」
本当はかなり近いんですけどね・・・。





f0259302_01212214.jpg
比叡山の麓、坂本の町にも比叡と関係ありそうなものがチラホラ。
「一隅を照らすか・・」
夜戦で探照灯を不用意に照らしたばっかりに酷い目にあったことがある比叡にとって意味深な標語です。






f0259302_01293375.jpg
お休み処比叡(但しお店もお休み中)





f0259302_01212278.jpg
坂本の町には穴太積みと呼ばれる技法で積まれた
石垣がいたるところに残ってあります。




f0259302_01212217.jpg
「石と石の間がすきまだらけで脆そうにも見えるけど、こっちのほうが排水がよくなって頑丈なんですよね~」
石垣に詳しい比叡



f0259302_01212254.jpg
石垣に近づきすぎて自分も積まれてしまった比叡
「ひえー」





f0259302_01212289.jpg
坂本の町にある茶店でぜんざいを頂いてから比叡山に登ることにしましょう。
「力が湧いてくるようです!」



f0259302_01310337.jpg
「よし気合入れて!登ります」
・・・と言っても徒歩で登るのはめんどくさいので京阪坂本駅から15分ぐらいのところにある
坂本ケーブル駅から比叡山坂本ケーブルを使います。



f0259302_01212212.jpg
「大きなケーブルカーですねえ!」
坂本ケーブルの運賃は往復で1620円ですがスルット関西のフリーパスが使えました。
坂本駅までの京阪石山坂本線にも乗れたのでかなりお得に行くことができましたよ。




f0259302_01293384.jpg
すれ違いだ!!




f0259302_01055660.jpg
山上駅であるケーブル延暦寺駅に到着。
麓に比べて気温がグンと下がりますが展望台から見る琵琶湖の景色は絶景です。




f0259302_01055540.jpg
延暦寺に向かう比叡。
ケーブル延暦寺駅から延暦寺まで徒歩で10分ぐらいとありましたが比叡は高速戦艦なのでもう少し早く着くことができました。





f0259302_01055734.jpg
比叡山延暦寺の入り口に到着しました。
ここから入山料が必要です。通常は700円ですがスルット関西の特典で600円で入れます。






f0259302_01055669.jpg
比叡山には専属の応急班員がいるようですね~
焼き討ち対策かな?





f0259302_01055691.jpg
こちらが比叡山を開いた伝教大師です。
歴史の教科書では最澄という名前で有名ですね。
なお、さきほど紹介した比叡山高校の標語ですが、伝教大師の「一隅を照らす、これすなわち国宝なり」という言葉から来ているそうですよ。





f0259302_01055619.jpg
延暦寺の総本堂である根本中堂、中は撮影禁止なので外側から。





f0259302_01055744.jpg
冥加料五十円で鐘を一回突けます。連打しちゃだめです。





f0259302_01055759.jpg
阿弥陀堂を拝む比叡
「南無阿弥陀仏~」






f0259302_01375295.jpg
今回比叡が参拝した根本中堂など比叡山延暦寺の中心となる伽藍が集中するエリアを東塔地区といいます。
西塔や横川という別の地区にも立派な伽藍があるのですが、シャトルバスが冬季運休中ということで今回はパスしました(ズボラ)






f0259302_01055699.jpg
おや松明を持った妖精さんが比叡山に侵入してきましたよ!!
比叡「焼き討ちはやめてぇ~」
妖精「?」




f0259302_01055639.jpg
松明は焼肉に使う火種のようだったようですね・・・。
焼肉焼いても寺焼くな。
「さっすがですねぇ!」
・・・、(終)

l
ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 面白写真へ
にほんブログ村
[PR]
by nendorohourou | 2016-02-16 01:49 | ねんどろ放浪記

豊橋急行

f0259302_23265691.jpg
駆逐艦の島風が遠征任務に出撃するようですよ~。
遠征名:豊橋急行
名鉄の急行列車を利用して豊橋方面への輸送作戦を遂行せよ!




f0259302_23265614.jpg
[遠征失敗!]間違って豊橋と名前が似た豊川に行ってしまった島風・・・




f0259302_23265611.jpg
任務には失敗してしまったけれども、あまり気にしてない島風。
ついでなので豊川稲荷に参拝していくことにしました。
なんか幟がいっぱいだー。




f0259302_23265617.jpg
そして・・・、豊橋には夜遅く着きました。(終)



ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
[PR]
by nendorohourou | 2015-08-03 23:38 | ねんどろ放浪記

艦これ聖地巡礼の旅~大井っち大湊警備府に寄港する~

f0259302_19545367.jpg
大井っちが青森県むつ市大湊にやってきましたよ。
大湊にはかって海軍の鎮守府に準ずる警備府が置かれており
艦これにもサーバーのひとつとしてその名が登場します。




f0259302_19483860.jpg
旧大湊警備府跡地は現在も海上自衛隊の五大基地のひとつ大湊基地として使われており。
海上自衛隊唯一の専用ドックがあったりします。現代の艦むす達にとっては気軽(?)に入渠することができる快適な基地なようですね。





f0259302_19545385.jpg
大湊基地は桟橋のすぐ隣が市の多目的広場になってるので
そこから護衛艦を間近に眺めたりできます。




f0259302_19545300.jpg
この日は演習でもあったのか以前来たときより多めの護衛艦が入港していました。




f0259302_19443509.jpg
f0259302_19443547.jpg
今年の4月27日には大湊基地の山手にある水源池公園内に安楽館と海望館という二つの観光施設が開業し、このうち海望館という展望台からは大湊基地の全景を見渡すことができるようになりました。




f0259302_19545345.jpg
よく見ると沖合いにはヘリコプター搭載護衛艦の姿も・・・(おおすみ?)





f0259302_19545390.jpg
大湊に来たら北洋館に寄っていきましょう。
日本海軍と海上自衛隊の北方防衛に関する資料展示が充実した史料館です。





f0259302_19483707.jpg
北洋館は海軍時代は水交社として使われていた貴重な建物だそうで石造りの重厚な建物となっています。




f0259302_19443508.jpg
住所氏名を記帳さえすれば誰でも無料で見学できる上、写真撮影も全てオッケーだそうです。





f0259302_19483711.jpg
日本海軍の北方作戦は重巡以下の中小艦艇が中心になって展開されていました。
そのせいか北洋館の大戦関連の展示は巡洋艦や駆逐艦の活躍に触れたものが多かったです。




f0259302_19443621.jpg
北上さんと大井っちについては
重雷装艦と戦後に名前が引き継がれた護衛艦と合わせて展示されています。




f0259302_19545507.jpg
この二人は護衛艦時代も仲良しだったんダナ・・・




f0259302_19483607.jpg
コロンバンガラ海戦で活躍した軽巡神通の模型の前に駆逐艦吹雪、睦月、夕立の模型が仲良く展示されています。
この3艦は艦これアニメでメインとなった3人組ですね。
単なる偶然でしょうか・・・?
吹雪と睦月が寄り添うようにいて夕立が少し離れたところから見ているような配置も非常に気になるところです。





f0259302_19443682.jpg
夕立の第三次ソロモン海戦での活躍は不滅の駆逐艦長こと吉川潔艦長の経歴と供に詳しく紹介されています




f0259302_19462675.jpg
夕立大戦果っぽい?
「ぽい」という言葉が自衛隊の史料館で拝めるとは感激!!




f0259302_19570968.jpg
艦これで大人気の第六駆逐隊関連の展示も充実してましたよ~
スラバヤ海戦で敵兵を救助した電と雷のエピソード。
「戦争には勝ちたいけど、命は助けたい」っていうセリフの元ネタですね。




f0259302_19483717.jpg
不死鳥と呼ばれた~でお馴染みの駆逐艦響も紹介されていました。
キスカ島攻略作戦中の損傷の件では護衛にあたった暁にもちゃんと触れられていたのがうれしいところ。



f0259302_19483705.jpg
退役した自衛官の方が寄贈した木製手造り艦隊これくしょん・・・
「艦隊コレクション」ではなく「艦隊これくしょん」と表記してありますねえ~
そしてその中心にいるのは・・・




f0259302_19590652.jpg
!すでのな(ご丁寧にここだけ右横書き)




f0259302_19443533.jpg
いろいろ興味深い展示が見れた北洋館でした。
海上自衛隊内部にも艦これ人気がだいぶ浸透してるのは確かなようです。
個人的には「ぽい」と「なのです」というワードを自衛隊の施設で見れたのがうれしかったですね。




f0259302_19545338.jpg
大湊には艦これファンなら楽しめる発見がありましたね~。
本州最北端の地ということで少し訪問しづらい場所になりますが
艦これ聖地巡礼を考えている人はここも候補に上げてみていかがでしょう。
ちなみに今週末にはイベント(http://www.mod.go.jp/msdf/oominato/info/event/img/mari27.pdf)もあるようですよ~(終)


ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 面白写真へ
にほんブログ村

[PR]
by nendorohourou | 2015-05-19 20:40 | ねんどろ放浪記

島風(艦これ)による、観光特急しまかぜ(近鉄)同乗記


f0259302_17475195.jpg
志摩半島の英虞湾に停泊中の駆逐艦島風。
今日は賢島駅から大阪難波駅まで近鉄の誇る観光特急しまかぜに乗るんですよ~






f0259302_16382660.jpg
しまかぜ出発までまだ時間があるので賢島駅周辺を散策してみましょう。




f0259302_16382628.jpg
訪問した日が1月下旬の平日という観光シーズンとは真逆の日ということで、ほとんどのお店が閉まっています。




f0259302_16382668.jpg
唯一やってた食堂で地元の名物という「大アサリ」というのを注文してみました。
期待して待ってると、やって来たのはたしかに大きいなという程度の大きさのあさり。
掌大くらいの大きさのがあさりが来るのかと勝手に期待していたので拍子抜けしてしまいましたよ。(←身勝手)




f0259302_16382658.jpg
閑散期まっただなかということで特に見るところもないので早めに駅に行きました。
駅の中はわりと賑やかですが、ほとんどは後述の団体列車のお客さんたちでした。





f0259302_16382555.jpg
しまかぜは連日満席と聞いていましたがこの日は空席が残ってたみたいです。さすが閑散期。



f0259302_16382567.jpg
賢島駅のホームには島風が乗る大阪行きのしまかぜとそれより先に出発する名古屋行きのしまかぜがすでに停車中。
「これがしまかぜか!かっこいいけど特に早そうではないな」
なぜかライバル心を燃やす島風。




f0259302_16532071.jpg
しまかぜと島風は色もなんとなく似ています。
単なる偶然かな・・・




f0259302_16382666.jpg
ブルーリボン賞受賞だと!!(どういう賞かは詳しくは知らない)


 

f0259302_16555600.jpg
上りのしまかぜは伊勢神宮最寄り駅の伊勢市や宇治山田から乗る人が多いため賢島駅の時点ではかなり空いています。
せっかくなので今のうちに車内を探検してきましょう。
これはコンパートメント。イギリスの客車みたいだな(乗ったことないけど)




f0259302_16382651.jpg
まだ誰も乗ってないしドアも開放されていたので個室車も通路から覗かせてもらいました。
洋風個室。ソファが豪華。





f0259302_16565864.jpg
和風個室、小上がりになってて靴を脱いで乗るみたいですね。
お座敷列車みたいな感じかな





f0259302_16574174.jpg
展望席後部にはロッカーがたくさんついています。
置き引き対策は万全だ!!



f0259302_16593703.jpg
展望席からの光景は飛行機の操縦席みたいです。
ここに乗りたかったけど残念ながら予約は埋まっていて取れませんでした。




f0259302_16593709.jpg
とはいえ今回島風が乗るしまかぜの通常座席の「プレミアムシート」も凄いですよ~
当然のように1列席と2列席で配されたの広々としたシート。






f0259302_17025468.jpg
リクライニングは電動式でなんとマッサージ機能まで付いています。






f0259302_16593846.jpg
ブラインドも電動式!







f0259302_16593814.jpg
備え付けの小冊子には車内の紹介やら座席の使い方の説明がわかりやすく記されています。これは便利。
尚しまかぜの特別料金は最長距離でも1030円とJRの特急グリーン料金よりはるかにお安い値段。良心的ですね~。







f0259302_16593801.jpg
しまかぜスゲーと感心しながら出発を待ってると隣の線路に別のしまかぜが入線してきましたよ。
時刻表では大阪行き以降にしまかぜの予定はないはずなのにおかしいな。






f0259302_16593832.jpg
貸切?
何でもこの日(水曜)運休の京都発着の編成を団体列車として運用しているようです。
近鉄さんもやるねえ~






f0259302_17095693.jpg
おかげでしまかぜに挟まれた島風なんて写真が撮れました。






f0259302_17062834.jpg
そんなことしているうちに出発時間が近づいて来ましたよ、しまかぜに乗り込む島風




f0259302_16593889.jpg
動き出してみてわかりましたが驚くほど静かで揺れが少ない。
こりゃあ乗りごこちのいい電車だ!




f0259302_17025301.jpg
賢島を出発してから10分ぐらいでカフェカーの営業開始の案内が来ましたよ。
今どき供食設備のある電車は珍しい。さっそく利用してみましょう。





f0259302_17113995.jpg
カフェカーの椅子は伊勢地方の海が見やすいような向きで配置されています。
鳥羽駅付近がよく海が見えていい感じ!






f0259302_17290246.jpg
カフェカーで売られているしまかぜグッズ。
めぼしいのは既に売れ切れ…。大人気やね。






f0259302_17025384.jpg
伊勢海老(?)ののった海の幸ピラフを注文してみました。
味はいいけど量が控えめかな・・・。まあカフェカーだからいいのか!
軽食とはいえ、他にもカレーとか往時の食堂車みたいなメニューがあるのがうれしいですね。







f0259302_17025338.jpg
カフェカーにあるモニターには運転席からのライブビューと最高時速が表示されています。
島風「80キロ!?特急のくせにおそーい!!」
近鉄志摩線内はカーブが多いのであまり早く走れないようですね。






f0259302_17025370.jpg
なお速度のほうは鳥羽線、大阪線と進んでいくうちに早くなっていきましたよ~








f0259302_17204244.jpg
宇治山田駅に停車中のしまかぜ。カフェカー二階席からなのでホームを見下ろす感じになります。
地元の学生さんたちにとっては見慣れた電車のせいかあまり関心のないご様子。







f0259302_17025475.jpg
食後に頼んだコーヒー。
紙コップじゃないのがうれしいところ。
出来合いではなく、注文ごとにドリップして煎れるため町の喫茶店に負けない本格的なお味です。





f0259302_17220179.jpg
伊勢名物の赤福も二個入りサイズで頂けます。
お手ごろ!




f0259302_17230776.jpg
[カフェカー捕捉情報1]食事をしたときのお支払いは店員さんを呼んで座席で会計してもらいます(後払い)
狭い車内でレジのスペースを省略するためもあるんでしょうが、高級店みたいでいいんじゃないでしょうか。





f0259302_17025437.jpg
[カフェカー捕捉情報2]飲み物についてくるしまかぜオリジナルコースターはねんどろ島風の台座にピッタリだ。



f0259302_17025472.jpg
座席に戻った島風。冬場の大阪行きのしまかぜは途中で暗くなるのであんまり景色は楽しめませんね。
まあ近鉄大阪線の景色は割と見慣れているので別にいいですけど。




f0259302_17271297.jpg
賢島から二時間半ほどで終点大阪難波に到着です。
車内設備がいいのでもっと長く乗っていたいくらいですね。
出発地ごとのしまかぜの所要時間は、京都発着>大阪発着>名古屋発着の順に長くなります。



f0259302_17271210.jpg
大阪難波駅に降り立つ島風。
ちょうど夕方のラッシュの時間に重なるので一気に現実に引き戻される感じがしますね。
島風も心残りなご様子。



f0259302_17271264.jpg
他の電車に線路を譲らないといけないので乗客を降ろすとしまかぜはさっさと回送されていきます。
電車の前で記念撮影とか余韻を楽しめないのは仕方のないところ。




f0259302_17271111.jpg
ちょっぴりペーソス入ってた島風ですが難波の本場たこ焼きを喰わせたら速攻で機嫌を直してくれました。
やっぱり本場のたこ焼きは旨いね~♪
近鉄の難波大阪駅周辺は大阪ミナミらしい安くて旨い店がたくさんあるのでその辺の楽しみはいっぱいなのでした。(おわり)



ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村


[PR]
by nendorohourou | 2015-04-15 18:10 | ねんどろ同乗記

登場ねんどろ紹介

いつもモデルになって頂いているねんどろ達のご紹介。
なお紹介文には撮影者の勝手な妄想が含まれているので公式設定と一緒にしてはいけない。

f0259302_08562735.jpg
↑チルノ:主人公。顔だけねんどろいどはちゅねミクののっぺら顔を流用し、大沖先生の描くチルノみたくしている。付属品の羽は脆く壊れやすいので半透明プラ板を切り抜いた羽で代用することが多い。




f0259302_07152106.jpg
↑霊夢さん:本当の主人公。初期型なので乱暴者。東方ねんどろいどシリーズの記念すべき第一作でもある。まったり顔がいい感じ。



f0259302_07152047.jpg
↑こいしちゃん:地底にいるさとり妖怪の妹。ねんどろいど松前緒花(頭)、シャーロック・シェリンフォード(胴体)、三千院ナギ(帽子)を組み合わせて作った改造ねんどろいど。放浪癖がある(原作準拠)のでいろんなところに出没する。



f0259302_07152064.jpg
↑大ちゃん:チルノの相棒なのでよく一緒に登場。単なるチルノの色違いのようにも見えるが、お下げはねんどろ遠坂凛、羽はマクロスフロンティアR-styleランカ妖精からの流用したものを装着。



f0259302_07525704.jpg
↑水橋パルスィ:嫉妬の妖怪。頭と胴体はねんどろ平沢唯、腕は巴マミから流用。顔は緑眼のキャラから流用しよう。





f0259302_08562717.jpg
↑レティさん:雪女の妖怪。氷の妖精のチルノと相性がいいと思われる。ねんどろ咲夜、三千院ナギを基に改造。




f0259302_07152015.jpg
↑妖夢ちゃん:大きなお屋敷の庭師をやってる子供。自機キャラの中では一番好きな子なので出番が多い。



f0259302_20193856.jpg
↑レミリア:広く知られてる東方シリーズ最初の大ボス。いじられキャラとして頻繁に登場。





f0259302_07525792.jpg
↑島風:艦これの有名キャラ。一度見れば忘れることのできない個性的なファッションが魅力的。ねんどろ久慈ありすの><顔を流用してアニメの島風ぽくしてみた。



f0259302_20193888.jpg
↑大井:艦これのキャラ。個性的な性格がおもしろいので頻繁に登場する。意地悪顔が秀逸。




f0259302_07152172.jpg
↑金剛姉さん:艦これの人気キャラ。付属品の顔がシリアスな表情しかなかったのでねんどろ羽瀬川小鳩の笑い顔を流用してみた。



f0259302_08562762.jpg
↑宮藤さん:スト魔女の主人公。突起物が少ないデザインなので壊れにくく外撮りねんどろいどに適してる(帽子は両面テープで落ちないように装着)。ねんどろライオンセイバー付属のヘタレ顔がよく似合う。




f0259302_07152038.jpg
↑あずにゃん:けいおん!のキャラ。シンプルなデザインかつ特徴的なシルエットは宮藤さん以上に外撮りねんどろいどに適してる。先輩方のパーツを流用することでポーズパターンも多くできる。




f0259302_20193801.jpg
↑暁美ほむら:魔法少女まどかマギカの主人公。みつあみほむらが好きなのでたいていその状態で登場。




f0259302_07152008.jpg
↑イカちゃん:侵略イカ娘の主人公。大好きなキャラだが他のねんどろよりサイズが若干大きめでパーツが互換しづらくて使いにくい。



ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村

[PR]
by nendorohourou | 2015-03-16 18:27

チルノ、十和田湖八甲田山系を経て青森市内に至る


f0259302_20202436.jpg
この3人で2014年の春に十和田湖八甲田山方面を一泊旅行して来ました。





f0259302_20202336.jpg
十和田湖は山の中にあるせいか透明度の高いきれいな湖でしたよ。




f0259302_20202385.jpg
この日は厚い雲が垂れ込めておりました。
新緑の季節だけに青空の下だったらもっといい景色を楽しめたはずです。残念。






f0259302_20202464.jpg
十和田湖南岸の休屋周辺は観光施設が集中してるエリアです。
お昼はここで食べていきましょう。



f0259302_20202388.jpg
十和田湖はヒメマス料理が有名です。
淡水魚では珍しい刺身料理もあったのでそちらの定食を頂きます。
観光地だけにちょっと値段が張りましたが、臭みのないおいしい刺身でした。




f0259302_20202343.jpg
腹ごなしに湖畔を散策します。
ほう、乙女の像ですか…




f0259302_20202418.jpg
さすが全国的にも有名な観光地、乙女の像に続く散策路はよく整備されていました。




f0259302_21111293.jpg
こちらが乙女の像。
有名な彫刻家高村光太郎氏の晩年の傑作として知られています。
決して「乙女の像」というより「小太りなおばさんの像」という題名がピッタリだななどと
不埒な感想を持ったりしてはいけません。



f0259302_20202357.jpg
まあとにかく、向かい合うポーズが面白かったのでチルノとこいしで真似させてみます。




f0259302_20202486.jpg
このあとは十和田湖から続く奥入瀬渓流をじっくり廻ってみる予定でしたが、雨が降ってきたので早々に切り上げて今夜の宿に向かうことにしました。




f0259302_20024636.jpg
今晩泊まるのは八甲田山麓にある谷地温泉。





f0259302_20064644.jpg
この温泉宿は低価格で、ひとりで泊まれるのが魅力な温泉宿です。




f0259302_20024657.jpg
部屋はこんな感じ、奥行きの深い間取りが変わってます。




f0259302_20044045.jpg
部屋から見た景色。
五月も半ばを過ぎたというのにまだ雪が残っていますね。雨が降ってなければ周辺を散策したいところです。



f0259302_20024692.jpg
低価格ということでサービスは極限まで簡素化されてますが(ロビーに新聞すらない)
ここでの楽しみは温泉なので文句はありません。24時間入浴可能なのもうれしいところですね。


f0259302_20024662.jpg
お風呂は熱い湯とかなり温い湯が二種類あって温冷浴を楽しめます。
日帰り入浴も出来ますが宿泊してゆっくり何度も楽しむのが良さげな温泉でした。



f0259302_20024609.jpg
低価格なので食事もシンプルです。量は少ないですが土地のものを使ってる感じがして意外と質は良かったです。



f0259302_20024624.jpg
建物が古くて隣室や廊下の音が気になる、虫が出るなどの欠点があるにしろ
温泉さえ良ければ他のことはどうでも良いという人にはうってつけな温泉宿なのではないでしょうか。秘湯らしい温泉情緒もなかなか良い宿でした。




f0259302_20024600.jpg
翌朝まだ雨が降ってたので八甲田山での観光予定は大半あきらめ
酸ヶ湯温泉近くにあるまんじゅうふかしに寄ってく事にします。



f0259302_20024679.jpg
ベンチみたいな板の下に温泉が通っており、座ってるだけで下半身を温めることができます。
そのせいか別名子宝の湯などと呼ばれています。(意味深)



f0259302_20024612.jpg
天気に恵まれなかったのが残念でしたが、後藤伍長に挨拶して八甲田山を後にすることにします。



f0259302_20012264.jpg
かっての八甲田雪中行軍隊が通ったルートを逆に通って青森市内に下山してきたチルノ
雨もやんだので郊外にある青龍寺というお寺に寄ってみました。
ここは知る人ぞ知るといった面白いお寺なんですよ。



f0259302_20094597.jpg
拝観料は400円でしたが




f0259302_20012271.jpg
何度も来たい人のために年間フリーカードなるものが売られていました。
遊園地か



f0259302_20012168.jpg
お賽銭箱の前には両替機
「・・・・」



f0259302_20012277.jpg
ちょっと変わったところもありますが、このお寺はとにかく施設が立派です。
まずは五重の塔。平成になってから完成したものですが
コンクリートとかじゃなく木造で建てられてるので貫禄があります。
地元の青森ひばを使っているそうですよ。




f0259302_20090064.jpg
五重塔の前には手がけた大工さんの銅像が建てられています。
建築主ならわかるけど大工さんの銅像は珍しいな




f0259302_20083558.jpg
そしてこの寺の象徴ともいえるのが昭和大仏。
でけえ!




f0259302_20012266.jpg
昭和大仏は青銅座像仏としては鎌倉や奈良の大仏よりも高く日本一なのだとか。
大仏の大きさ一位が本州北端のこの地にあるなんて意外です。



f0259302_20105142.jpg
昭和大仏は内部にも入ることができます
こんな感じの仏像がありました。




f0259302_20012292.jpg
青森のお寺といえば恐山が有名ですが、この青龍寺もなかなか印象的なお寺でしたね。
個人的には観光ガイドに載ってないせいか、参拝客がほとんどおらず写真撮りやすいというのも良かったです。(終わり)






ねんどろいど ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 面白写真へ
にほんブログ村
[PR]
by nendorohourou | 2014-05-24 20:44 | ねんどろ放浪記

人気デフォルメフィギュアシリーズ「ねんどろいど」をモデルにした写真を撮っています。一日一更新できたらイイナ!


by 東北名無し

最新の記事

ねんどろ放浪記はねんどろチル..
at 2016-12-16 15:28

カテゴリ

ねんどろ放浪記
ねんどろ同乗記

タグ

リンク

ブログパーツ